福岡のホームページ制作・システム開発会社 KIS株式会社

WEB広告

Web advertisement

KISのweb広告運用

KIS株式会社では、Google広告、Yahoo!広告を用いた、リスティング広告・ディスプレイ広告・Youtube広告の広告運用を行なっております。
広告の作成から、レポートの作成、ターゲット分析、競合分析、施策提案を行い、お客様の目標達成までのサポートをしております。
Web広告は様々種類がありますので、運用を検討されている企業様の中には、「Google広告やYahoo!広告を出したいけどどれが合っているか分からない」「どうやって広告を配信するのか分からない」などのお悩みの方が多くいらっしゃいます。広告の出稿に関して無料でご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

リスティング広告

リスティング広告

検索結果に表示されるテキスト広告です。キーワード選定、競合分析、ターゲット分析を行い、広告の作成から施策提案まで行なっています。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告

テキストと画像によって幅広いユーザーに訴求することができます。広告の作成からレポート作成・分析まで行なっています。

Youtube広告

Youtube広告

Youtubeの市場は拡大しており幅広い層に向けて動画広告を出稿できます。広告の作成から分析までサポートしております。

Listing advertisement

リスティング広告

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!で検索した時に、検索結果画面に掲載されるテキスト広告のことです。

例えば、Googleであるキーワードで検索してみると、検索結果の中に「スポンサー」という言葉がついているものを目にしたことがありませんか?それらがリスティング広告です。

ユーザーが検索したキーワードに基づいて表示されるので、「検索連動型広告」と言われております。すでにサービスや商品に対して興味があって検索している人に広告を出すことが出来るので、他の広告と比較すると費用対効果が高いところが特徴としてあります。

リスティング広告の費用が発生する仕組みは?

リスティング広告は、ユーザーによって広告がクリックされると費用が発生される「クリック課金方式」です。広告が表示されていても、ユーザーが広告をクリックしない場合はお金は発生しません。

クリックされた時に発生する費用は、キーワードごとにそれぞれ違っており「オークション形式」で決まっています。あるキーワードに対して、すべての広告の中からどれが選ばれて、どのような順位で掲載するかというのを決めるためにオークションが行われます。人気なキーワードであれば競争が激しくなり、クリック料金が高騰することがあります。

リスティング広告でできること

SEO対策で検索上位を狙うとなると地道に時間がかかりますが、リスティング広告は比較的短い期間で効果が出やすい広告です。クリックされなければ費用はかかりませんし、1日単位で予算を決めることが出来るので、低予算から始めることができます。

Display advertisement

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは?

ディスプレイ広告とはWebサイトやアプリなどの広告枠に表示される広告です。テキスト要素のみで構成されているリスティング広告と違って、画像や動画を使用して配信することができます。ビジュアル要素を活用して広告メッセージを伝えることが出来るので、ユーザーの注意を引きやすくなります。

また、他にリスティング広告と異なる点として、検索キーワードによって配信されるというわけではないので、そもそもサービスや商品をあまり知らない潜在層にも広告を配信することができ、幅広く認知拡大することができます。

ディスプレイ広告の費用が発生する仕組みは?

ディスプレイ広告の課金方式は3種類存在します。

1つはリスティング広告の課金方式と同様に、ディスプレイ広告が表示されてクリックされると費用が発生する「クリック課金」です。ディスプレイ広告は表示場所が検索結果にしかないリスティング広告と比べると、膨大な数の広告枠が存在します。掲載できる場所が多いため、オークションで競合が起きにくく、比較的クリック単価が安い傾向にあります。クリック課金にしておけば、サービスの制約や購買の意欲があるユーザーだけに費用を使うことが出来るので、費用を無駄にしないようにして運用することができます。

2つ目は、表示された回数に応じて費用が発生する「インプレッション課金」です。クリック単価が比較的安いディスプレイ広告ではありますが、クリック率が高くて費用がかかってしまう広告である場合は、インプレッション課金がおすすめです。また、購入や予約に繋げるというよりは、ブランドの認知度を拡大したい場合にはインプレッション課金の方が適している場合があります。

最後に、購入や予約、お問い合わせなどのコンバージョンが発生した時に費用が発生する「コンバージョン課金」という課金方式もあります。コンバージョン課金には使用するために一定の条件があり、過去30日間にコンバージョンが100件を越えており、コンバージョン獲得までの所要時間が7日以内であることが必要です。これらはディスプレイ広告を配信する目的に合わせて選択する必要があります。

ディスプレイ広告でできること

ディスプレイ広告は、潜在層にも出すことができてテキストだけでなくビジュアルで訴えることのできる広告です。ビジネスのブランド認知を拡大していきたい時は効果的で、目に留まりやすい広告を作成することができれば、広告を見たユーザーにブランドや製品の印象を残すことができます。まだサービスや商品を知らない層にアプローチしたり認知拡大を狙っていくならおすすめなのがディスプレイ広告、既にサービスや商品を知っていて、購入や予約、お問い合わせに繋げていきたい場合はリスティング広告がおすすめといえます。予算に余裕がある場合は、リスティング広告・ディスプレイ広告どちらも運用して相乗効果を狙っていくのも良いでしょう。

Youtube advertisement

Youtube広告

Youtube広告とは?

Youtube広告とは、Youtube動画を視聴している時や視聴する前に流れてくる動画広告のことです。Youtube広告を出すにはGoogle広告から出稿する必要があります。Youtubeのトップページや、関連動画のところにも動画ではなく、静止画の広告が出ていることがありますが、それはYoutube広告ではなく、ディスプレイ広告です。
Youtubeをスマホから見ている層も多く、Youtube広告の市場規模は年々拡大しております。

Youtube広告の費用が発生する仕組みは?

Youtube広告の課金方式は3種類存在します。
1つはクリック課金で、クリックされると費用が発生します。動画が流れただけでは費用は発生しません。クリック率が多い場合は費用対効果の悪化に繋がりますが、興味があってクリックをしたユーザーだけに費用を使うことができます。
2つ目はインプレッション課金です。動画広告が1,000回表示されるごとに費用が発生します。人の目に触れる回数を増やして認知を広げる目的で出稿される方におすすめです。比較的費用が抑えられるという特徴があります。
3つ目は、スキップされずに30秒以上視聴されると課金される仕組みです。途中でスキップなどされた場合は料金は発生しません。認知拡大よりも、商品やサービスの情報を理解してもらう目的で動画広告を使用する際に使用されることが多くあります。

Youtube広告でできること

多くのユーザーにアプローチすることができる
・動画広告なので目を引きやすく認知拡大や興味を持ってもらいやすい
・スキップされるまでは見てもらうことが出来る

広告運用でお悩みではありませんか??

サイト制作を行なっている弊社の強み

広告を改善するだけでなく、サイト自体も改善することが広告運用でも重要になります。サイトの内容と広告をしっかりと関連させることで、広告の「品質スコア」が評価され、広告の掲載順位が高くなるからです。また、広告からせっかくサイトに訪れたとしても、サイト自体が使いにくいと離脱してしまう可能性が高くなります。サイト自体も広告と関連させて、ユーザーが使いやすいサイトにしていくことが重要です。

弊社はホームページ制作・ECサイト制作も行なっているため、広告運用とページの改善を並行して行なっていくことができる強みがあります。
広告とホームページの改善を並行して運用できることで、素早くPDCAを回すことが可能です。また、イベントや時期によって打ち出したい広告が変わる場合も、ホームページと広告を関連させながら同時に修正していくことできます。Web広告運用にお困りの方、ご相談は無料で受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

関連記事
SEO対策とは?メリットや方法を解説
関連記事
MEO対策とは?効果はあるの?