福岡のホームページ制作・Webシステム開発会社 KIS株式会社

MEO対策とは?効果はあるの?

MEOとはマップエンジン最適化(Map Engine Optimization)の頭文字を取ったものです。Googleマップに掲載される店舗やビジネスの情報を上位表示させることをいいます。例えば今からランチを食べようと思った時に「地域+ランチ」で検索したことはありませんか?福岡の博多で探す場合「博多 ランチ」のようなイメージです。
するとGoogleマップと共に、お店の情報や口コミが表示されるかと思います。このように地域名を含めて検索した場合、検索エンジンの検索結果よりも上にマップエンジンの方が上に表示されることが多いです。そのため、特に店舗型のビジネスを行なっている場合は、MEOの対策を行なって検索結果の順位を上位表示させることでユーザーにも見つけてもらいやすく、来店してもらえる可能性が高くなります。

どうすれば上位表示されるのか?

Googleマップで上位表示されるようにするには3つの要素を改善する必要があります。
3つの要素とはGoogleのヘルプによると、「関連性」「距離」「視認性の高さ(知名度)」のことで、これらが組み合わさって最適な検索結果が表示されるようになっています。まずそれぞれがどのような要素なのか説明します。

関連性

関連性とは、検索語句とローカルビジネスプロフィールが合致する度合いのことというようにGoogleのヘルプにて説明がされています。ユーザーが検索しているキーワードと、Googleビシネスプロフィール内容が関連しているほど上位に表示されやすくなります。

例えば、博多で飲食店を探そうとするときに「博多駅 イタリアン」のように検索する場合、ただ、ビジネスプロフィールに「イタリアン」という情報だけを載せているよりも、「福岡市博多駅近くのにある高級イタリアンです!」と具体的に書いていた方が、ユーザーの検索語句と関連性が高まるので上位に表示されやすくなります。

そのため、現在行なっているビジネスがターゲットにしているユーザーがどんなキーワードで検索しているのかを調査して、関連のあるキーワードを取り込みながらGoogleビシネスプロフィールの内容を充実させることが大切です。

距離

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。もしも、検索されたキーワードの中に場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されて検索結果に表示されます。

距離に関しては、ビジネスの所在地や今検索しているユーザーがどこにいるのか、によってきますので、なかなか変えることが難しい項目です。「地域名+○○」などで検索されることを想定して地域名はしっかりプロフィールに記述しておくのが良いでしょう。

視認性の高さ

視認性の高さとは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。多くの人が知っているブランド名はランキングが高くなります。また、他に評価されて上位表示されやすい要素としては、口コミが多くて評価が高い、検索されている回数が多い、Webサイトやブログなどで紹介されている、などもGoogleは計測しています。

MEO対策を実際に行うには

これらの3つの要素を踏まえて上位表示を目指していきましょう。そのためには、具体的にどのようなことを行なっていくと良いかを説明します。

①Googleビジネスプロフィールを充実させる

②ブログやSNS、ビジネスプロフィールのお知らせ機能での情報発信

③口コミの依頼と返信

①Googleビジネスプロフィールを充実させる

まず、要素の中の「関連性」「距離」のスコアを上げていくために、Googleビジネスプロフィールを充実させましょう。住所や電話番号などの基本情報はもちろん、営業時間やビジネスの商品やサービスなどの詳細情報もしっかり記入する必要があります。例えば年末年始やお盆など時期によっては営業時間が異なる場合もあるかと思います。こまめに情報の修正を行い、ユーザーの来店機会を逃さないように注意しましょう。

他にも、地域をしっかり入れることや、ユーザーがどのようなキーワードで検索しているのかのキーワード選定を行い、キーワードを入れ込むことも重要です。また、競合他社がどのようなキーワードを使っていてどのように差別化を図ることができるかも分析すると良いでしょう。キーワード選定や競合分析でお困りの方は、外部に依頼することも考慮すると良いかと思います。

②Googleビジネスプロフィールのお知らせ機能での情報発信

Googleビジネスプロフィールではユーザーに向けてお店の情報の発信をすることができる投稿機能がついています。お店の状況や告知をしたい時などに有効です。ここで投稿する内容も「関連性」に関わってきますので、できるだけ活用して情報発信していくことをおすすめします。ユーザーが検索時に使用しているキーワードをなるべく用いて記事を投稿してみましょう。

投稿する方法は、Googleビジネスプロフィール上にある「最新情報を追加」から投稿することができます。写真や動画、説明文を記載して「投稿」をクリックすることで簡単に投稿ができます。

③口コミの依頼と返信

「視認性の高さ」の面で口コミは重要です。高評価のレビューが集まることで、上位に表示されやすくなります。そのため、口コミを書いてもらうようユーザーに依頼するというのも1つの方法です。しかしこれには注意も必要です。口コミを書いていただけたら報酬を与える、というような形はGoogleのガイドラインに反するので行わないようにしましょう。

また、口コミを書いてもらえたら返信をすることで、口コミを書いたユーザーに対しても、口コミを参考に見ているユーザーに対しても誠実さをアピールすることができます。集客に繋がる可能性も増えるので、ぜひ丁寧に返信を行いましょう。

中には、評価の悪い口コミを書かれてしまうことがあります。これらについても誠実に対応を行うことがおすすめです。今後の解決策や改善の意欲を示すようにして、なるべくイメージを損なわないようにするのが良いでしょう。

SEOとMEOの関係性は?

似ている言葉として「SEO」がありますが、SEOは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位に表示させるために行うことを言います。

関連記事
SEO対策とは?メリットや方法を解説

SEO対策とMEO対策には関係性はあるのでしょうか?それぞれ異なる検索結果を対象とした最適化手法ですが、どちらも対応していくことで相乗効果が期待できます!

MEO対策を行うことで上位に表示されるようになれば、プロフィールに自社サイトのURLを載せておくことでサイトへの流入が増加しやすくなります。逆に、SEO対策を行なって上位に表示されることでビジネスの知名度が上がれば、MEOでも上位に表示されやすくなります。広告などとは異なり、SEO対策もMEO対策も費用がかからず無料で行うことができるものなので、可能であればどちらも対策するのが良いでしょう。

こんなお悩みありませんか?

Googleはランキングを上げるために金銭を受け取るなどは行っていないので、金銭によってMEOを良くしていくといった業者には注意が必要です。

福岡でホームページ制作・Webシステム制作を行っているKIS株式会社では、制作のみならずSEO対策やMEO対策のサポートも行っております。ご相談は無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。